身長の低さをカバーするには。

水曜日 , 26, 4月 2017 身長の低さをカバーするには。 はコメントを受け付けていません。

両親兄弟ともに身長高めにも関わらず、私だけ平均身長のまま止まってしまいました。平均身長を軽く10㎝はこえるつもりでいたのでショックです。美容系の病院やエステ等は金銭的にも心理的にも抵抗があるので、

自分でできることにはかなりの制限があります。上手く歩けないのに高いヒールを履いたりもして、白い目を向けられているような気もします。次に思い付くのは、痩せて縦長さを強調することです。しかし食べる量を減らしても頬だけ肉が落ちないため、鏡や硝子を見るたびに自分の幼児体型に悲しくなります。今年で二十歳になり、本格的に身長の伸びは期待できなくなり、あとは痩せて縦長なシルエットに見せるしかありません。

顔の体操などとネットの記事を信じて鏡の前でアホ面してみるものの、頑固な頬は縮む素振りも見せません。内側から食いちぎってやりたい気をおさえつつ、鏡に向かって一人変顔を続けました。結局のところ気がついたら口内炎が出来て口元が歪んでしまい、後から思い出しても恥ずかしいばかりです。リンパマッサージなどというものも試してみましたが、素人には加減が分からず擦りすぎて肌荒れしてしまいます。部分痩せなんてものは美容業界が作り出した幻想なのでしょう。しかしこれ以上全体的に痩せると私のまな板のような胸は肋骨が浮いて洗濯板になってしまうに違いありません。上手いこと顔と脚だけ痩せたいものです。自力で。お金をかけずに。「そんな上手い話しはない。」と言えるのは、富裕層か、私以上に努力しても結果が出なかった人だけのはずです。